公室御用達ショコラトリー・ド・モナコ Chocolaterie de Monaco 2


ChocolatMonacoentree

ショコラトリー・ド・モナコの創業されるまでの歴史はまれなものだと思います。1914年、第1次世界大戦の時に塹壕の中で2人の男性、エンジニアのピエール・モランとショコラを愛する若いショコラティエのフランソワ・リキエリが出会い、ショコラトリーを創る夢を語りあい共有します。しかし戦争で怪我をしたリキエリは死んでしまいます。モランは1918年に戦争から戻り、彼らの共通の夢を実現させようと決心します。彼は、才能豊かで情熱のあるショコラティエを雇い1920年にショコラトリー・ド・モナコを創業します。第2次世界大戦後、短期間だけイタリアの大きなショコラトリーがお店を管理していたこともありましたが、それ以外はモナコ人によってずっと営業されています。

ショコラトリー・ド・モナコは公室御用達のお店です。実は、私は一度シャルレーヌ公妃が併設のサロン・ド・テ(喫茶店)にいらした時に、隣でカフェを飲んだことがあるのです!

モナコのお土産は限られていて、F1グランプリ(Grand Prix)のTシャツやキャップなどもありますが、私はショコラトリーをお勧めします。日本では買うことができない限定商品です。

Couronneショコラトリー・ド・モナコのショコラで一番よく知られているのは、「王冠(Couronne:クロンヌ)」で、1995年にアルベール2世がモナコ大公に即位された際に作られるようになりました。一つずつ個包装されているものもあり、贈り物に適していると思います。
Crospies日本からのお客様に人気なのは、ライスクリスピーをホワイトチョコレートでコーティングした「crospies:クロスピーズ」です。砂糖漬けのオレンジピールをブラックショコラでおおった「orangettes:オランジェット」やシュガーレスの板チョコ、シャンパンのショコラもあります。数に限りがありますが箱づめの商品もあります。お値段は、お手ごろだと思います。
the夏にはショコラは溶けてしまうので、紅茶をお勧めしています(一年中のお勧めですが)。「モナコブレンド」という紅茶は、アールグレーに近いものです。紅茶は、パックではなくて葉が缶に直接入っています。素敵な缶もあるので贈り物に適していると思います。ショコラティエは、サロン・ド・テも併設されていて、一息つくにはとても快適な所です。
salon de the本店は、旧市街地にあって、モナコ大公宮殿と海洋博物館からすぐです。モンテカルロの電車の駅からは、徒歩20分程度です。月曜日から土曜日まで9時30分〜18時30分お昼休みなくオープンしています。