モナコ、イタリア、フランスの海が見下ろせる小さな村ラ・チュルビー


モナコ、イタリア、フランスの紺碧の地中海が見下ろせる小さな村、ラ・チュルビー(La Turbie)。アメリカの元トップ女優でモナコ公国の公妃グレースケリーも、この村にある別荘で長い時間を過ごしていたのだとか。今回は、私もお気に入りのこの小さな村をご紹介します。

【目次】

1.観光案内

村はおよそ標高480メートルに位置し、車でエズから10分、モナコから20分。

アメリカの元トップ女優のモナコ公国の公妃グレースケリーは有名ですね。その旦那さん、レーニエ3世が購入した別荘がこのチュルビーにあります。グレースケリーをはじめ、現在のロイヤルファミリーも庭、プール、畑つきの自然中にあるこの邸宅で過ごす時間が多いのだとか。

モナコやイタリア、フランスの素晴らしい景色が見下ろせる地で自然に囲まれて優雅に過ごせますね。実はモナコで仕事をしている人たちがここでたくさん暮らしているのです。

旧市街の村の中は絵に描いたような石畳の路地と美しい石造りの家々が連なる中世の世界。猫が時々こっちをジッと見ていることに気づかれるかもしれないですね。そんな、おとぎ話の中に迷い込んだ気分が味わえます。

エズのように観光地化していないので、お土産やさんはありません。実際に村人たちが今でも旧市街の中で暮らしています。観光客はエズのように多くなくてゆっくりと散策ができます。坂道が多いのでヒールではなく、運動靴をお勧めします。

他には、ローマ時代にこの地を征服した記念のトロフィーや噴水、バロック様式のサンミシェル教会(18世紀)があって、小さいながらも歴史がある村です。展望台は無料でアクセス可能です。

トロフィー見学は有料:6ユーロ(2020年1月時点)
Tel:04 93 41 20 84

2.レストラン

村にはミシュランの2つ星レストラン「Hostellerie Jérôme」があります。その名の通りホテルにあるレストランなので、ゆっくり夕食を取られたあとに宿泊もできます。イタリア風の内装で17世紀の暖炉などおとぎ話のような世界で、美味しい料理が楽しめます。テラスからは海が見えます。

セットメニューは98ユーロ〜
住所:20 Rue du Comté de Cessole, 06320 La Turbie
電話:04 92 41 51 51

私のお気に入りの行きつけのle café de la fontaineは、なんと日本人のご夫婦経営しています。ランチはビストロ料理で、季節の食材を使った食事が食べられます。なんといっても野菜が多めなので、日本人女性にも喜ばれています。手作りのパスタなどいつも大満足の食事を楽しくいただいています。

☆マイコートダジュールでは、ラ・チュルビーへプライベート貸切チャーターでご案内しています。

アクセスが難しい村でもワンボックスカーで効率よくご案内します。

3.村へのアクセス

ニースからバス(116番)もしくは、モナコ公国からバス(114番)

4.リンク

ラ・チュルビーの観光局